トップ > 放射線治療とガン

放射線治療とガン

"私の父がガン宣告を病院で受けた時には、既に症状がだいぶ悪化している段階で手術は出来ないと言われました。

直腸から発生したガンが、背骨まで転移しているという事で、痛みが発生して病院で検査を受ける頃には、父の悪性腫瘍は酷い状態になっていたのです。

病院に足を運んでから1週間もしないうちに歩けない程の激痛に変わり、放射線治療を行う事になりました。

父の場合は全部で1カ月程度、ほぼ毎日病院へ通って放射線を照射する事となりました。

放射線治療の効果には時間が掛かるので、しばらくの間は痛みが増す一方でしたので本当に効果が出るのか不安でたまりませんでした。

それでも痛みに堪えながら最後まで治療を頑張ると、嘘のように痛みが消えて麻薬系の強い痛み止めすらも必要なくなる程でした。

この劇的な変化に担当の医師も喜び、まだまだ数か月経っても放射線治療の効果は出るという事で、当初より随分小さくなったガンが消えてしまうのではないかとすら期待しています。"